過走行車の定義とは?なぜ業者はかいとりをしてくれるのか?

過走行車の定義とは?なぜ業者はかいとりをしてくれるのか?

「車は10年10万kmが寿命」などと言われることがあり、走行距離が10万kmを超えた車は「過走行車」と呼ばれています。

過走行車に、厳密な定義はない

しかし実は「過走行車」というものに定義はなく、それぞれの業者が自社の感覚で「過走行車」と呼んでいますから、例えば走行距離が7~8万kmであっても車自体の年式が古いなど他の要因も重なれば「過走行車」と表現される場合もあります。

しかしいずれにしても一般的には「1年で1万km」が通常の走行距離の目安とされているため、例えば3年で5万kmに達していればこれも「過走行車」ですし、逆に同じ5万kmでも5年しか乗っていないのであれば標準的、「過走行車」ではありません。

とは言え前述の通り年式が古いなど他の要因が重なればそれだけ買取ってもらう際には不利になり、買取り業者から廃車にするしかないと言われる場合もあります。

しかし廃車というのはあくまで最終手段で、一社から「廃車にするしかない」と言われたとしてもあきらめる必要はありません。

 

一応、車の専門サイト「車を高く売る教科書」では過走行車について以下のような記述がされています。

自動車業界で標準的な車の走行距離は1年間で8,000㎞~1万㎞とされています。そのため、車査定では日本自動車査定協会が定めた「1年で1万㎞」を基準としています。

つまり、世間一般で言われている走行距離が10万㎞を超えると多走行車・過走行車になるわけではありません。そもそも、多走行車・過走行車は中古車業界の査定の目安として設けられた言葉です。

引用:過走行車の定義〜車を高く売却する教科書より〜

過走行車でも買取してもらえる理由

過走行車であっても買い取ってもらえる理由の1つは、「まだまだ国内でその車種に需要があるから」です。

車検などを機に車を買い替える人が大多数の日本の中でも、「安く買えるなら古くても良い」と考えている人も決して少なくはなく、特にミニバンや軽自動車などの人気車種、あるいは新車では高すぎて買えない車を10万km越えで安くなるのを狙って買う、という人もいるのです。

実際、走行距離に関係なく車の状態さえ良ければまだまだ乗れるのが日本車ですから、このような需要を鑑みれば高価買取は十分可能なのです。

日本車は、海外の需要が高い

過走行車でも高価買取が期待できるもう1つの理由は、「海外での需要が高いから」です。

日本車の性能の良さは世界的に有名ですから日本車であれば喜んで買うという発展途上国は多く、日本人から見れば「古い」「過走行」と思える車でも彼らにとっては全く古くも過走行でもないのです。

例えば中南米では1992年式のトヨタ・カローラやヴィッツ、ファンカーゴなどに人気があり、乗用車やタクシーとして使用されています。

更に言えば、例え日本でも海外でも売れない車だったとしても、「パーツとして再販できるから」という理由で買い取ってもらえる可能性があります。

1つの車としては売ることができなくても、解体すればパーツとして同車種の修理に使用したり、ボディなど再販できないものも鉄資源として売ることができるため、実は「全く価値のない車」というものはないのです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *