車の下取りで損をしない方法とは?加点と減点のポイントを知ろう

事故車でもまずは買取査定をしてみるのが賢い!未修復車、修復済みの車どちらもまずは査定を!

例え事故車であっても買い取ってもらうことは可能ですから、性急に廃車手続きを取らないでまずは査定してもらいましょう。

しかもやり方によっては事故車でもそれなりの金額で売ることも可能です。

事故車でもまずは買取査定をしてみるのが賢い!

事故後修復していない状態の車の場合、処分するつもりであるなら査定額を気にして修理に出す必要はありません。

修理費以上の査定額アップは望めないからです。

また時間の経過と共に価値はどんどん下がってしまいますから、処分したいならできるだけ早く売却しましょう。

ただしディーラーは事故車の販売ルートを持たないため、ディーラーに査定を依頼すると査定額ゼロと言われてしまう可能性があります。それで未修復の事故車は事故車専門の買取業者に依頼するようにしましょう。

彼らは安く修理できる提携工場や販売ルートを持っており、同じ事故車でも他の買取業者より高値で買い取ってくれます。

一方、事故後修理してもう少し乗ってから売却したいと考えている場合、売却時のことを見越した修理をすると査定に有利になります。

というのも、修理方法も査定額に影響するからです。

例えば事故による凹みや傷を治したい場合は、可能であれば鈑金がお勧め。

損傷部分を丸ごと交換してしまうと査定時に7万~15万円以上の減額になるのに対し、鈑金による修復であれば1ヵ所につき3~8万円程度の減額で済むと言われています。

簡単な修復は対応しておくと査定で良い評価を得られる場合もある

またこれは未修復車にも言えることですが、自分の手である程度修復できる程度の損傷は修復してから査定に出すことをお勧めします。同じ事故車でも見た目にキレイな方が査定額は高くなります。

ただ未修復の車と違い修復済みの車を査定に出す場合には、事故車買取専門店より一般の中古車買取業者に依頼した方が高く売れる可能性があります。

事故車買取専門店と比べると数が多い分高額査定を付けてくれる業者が見るかる可能性も高くなりますし、複数の業者に価格競争させることもできるからです。

また中古車買取専門店は基本的にオークション相場を参考に査定額を算出します。

自社の利益を確保できるよう大抵オークション相場の下限額を査定額としますから、オークション相場範囲内なら金額の引上げも可能。

つまり予めこちらがオークション相場を把握しておきその相場内で値段交渉すれば最初の提示金額よりずっと高く売れる可能性があるのです。

一般人がオークション相場を知ることは難しいですが、JAAI(日本査定協会)に車の査定を依頼すれば、かなりオークション相場に近い金額を算出してもらうことができます。

JAAIは第三者機関であるため査定してもらったからと言って営業電話がかかってくるという心配もありません。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *