事故車は買い取ってもらえない?実際のところを教えます!

事故車は買い取ってもらえない?実際のところを教えます!

「事故車は買い取ってもらえない」などとよく耳にするため、一度事故を起こしたことのある車を手放したいと考えている人の中には売却をあきらめ廃車処分にするしかないと思い込んでいる人もいるようです。

しかし「事故車だから」とあきらめてしまうのはまだ早い。そもそも「事故車」の定義を勘違いしている人も多いようです。

事故車の定義

自動車公正取引委員会などの4つの会によって1997年に定められた「事故車」の定義は、「交通事故その他の災害により自動車の骨格に損傷を受けたもの、あるいはその修復歴のあるもの」です。

ここで注目したいのは、「骨格に損傷を受けたもの」であるということ。

自動車は多くの場合頑丈な外殻そのものでボディを支える「モノコック構造」で、ダッシュパネルやフレーム、ピラーなど車の基本的な骨格となる部分が損傷を受けると車そのものの強度が激減するため、例え修復しても後々他の部分に支障をきたす可能性もあり車の寿命が保証できなくなってしまいます。

事故車に該当しないケース

逆に言えばフロントバンパーやボンネット、ドアなど基本骨格の一部ではない部分に損傷を受けても修復さえすれば車の寿命そのものに大きな影響を及ぼすわけではないため、「事故車」とは呼びません。

事故を起こした車が「事故車」というわけではないので、まずは本当に自分の車が「事故車」なのかどうかを確認しておきましょう。

実際には事故車でないのなら、十分高額売却も可能です。

一方本当に「事故車」であった場合、つまり過去に骨格に損傷を受けたことのある車であった場合でも、だからといって廃車処分しか道がないというわけではありません。

廃車以外にも「売る」という選択もある

少なくとも査定は無料ですから、買い取ってもらえるかどうか査定を依頼してみましょう。この時気になるのは、「事故車であることを伝えた方が良いのかどうか」ということ。

キレイに修復しており一見事故車には見えないようだと、「わざわざ自己申告して査定額を下げることもないのでは……」と思ってしまうかもしれませんね。

しかし修理をディーラーで依頼していた場合メーカー側で修理記録が残っているためすぐに明らかになりますし、そうでなくても査定士が修復歴を見落とす可能性は0.2~2%の確率と言われています。

つまり黙っていてもいずれ必ず明らかになること。もし事故車であることを隠蔽しようとしたことが発覚すれば、「重大な瑕疵や欠陥については正直に申告すべき」という買取査定規約違反ということになり、事後減額請求や損害賠償を請求されることさえあるのです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *