廃車は損をする?思ったよりもかかる諸費用について

廃車は損をする?思ったよりもかかる諸費用について

事故車でも買い取ってもらえる可能性はまだまだあるのでまずは買取専門業者で査定してもらうことをお勧めしますが、稀に損傷が激しく本当に車としての再販は不可能、という場合もあるかもしれません。

そのような場合に査定に出した業者から「よろしければこちらで廃車処分しますよ」と言われるかもしれませんが、気を付けたいのはその際にかかる費用です。

「廃車にはお金がかかる」というのは周知の事実であるため業者に言われるがままに支払って処分してもらう人は少なくないのですが、ここには業者の利益として代行手数料が上乗せされているため実際には損をしている場合もあります。

そこでここでは、廃車手続きを自分で行う方法、更にはもっとお得な廃車方法をご紹介します。

廃車手続きを自分で行えば、少なくとも業者への手数料はカットできるので、必要最低限の出費に抑えることができます。

廃車には「永久抹消登録手続き」と「一時抹消登録手続き」とがあるのですが、ここではもう2度とその車に乗ることはない場合に行う「永久抹消登録手続き」について見ていきましょう。

永久抹消登録手続きにおいては、まず不要になった事故車を解体業者に車を引き取ってもらう必要があります。

この際車が動かないようであればレッカー代も必要となり、大体1万円程度かかります。

解体業者へ支払う解体費用もおよそ1万円ですが、これは業者によって様々。また平成17年以前に新車登録された車についてはリサイクル料が発生するため、未払いの場合はここで支払う必要があります。

リサイクル料は普通車で1~2万円程です。手続き後使用済自動車引取証明書と車から取り外したナンバープレートを受けとります。

解体業者から受け取ったナンバープレート2枚と使用済自動車引取証明書の他に、印鑑証明書と実印、車検証、抹消登録申請書などの必要書類を揃え、管轄の運輸支局にて手続きを行います。

ナンバープレートを返納し、書類を提出すれば抹消登録証明書を受け取ることができ、廃車手続きの完了です。

解体費用やリサイクル料を別にすれば、廃車にかかる手続きや書類の費用は数百円程度と微々たるものなのですが、問題はその手間の方です。

解体業者まで車を運んだり運輸支局へ出向いたりというのは意外に面倒で、しかも運輸支局は平日の日中しか受け付けていません。

そこでお勧めなのは、これらの面倒な手続きを、しかも無料で代行してくれる「廃車買取業者」です。

廃車買取業者は廃車になった車のパーツを中古部品として再販することで利益を得ているため、無料で廃車業務を引き受けてくれるのです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *