自動車販売ディーラーで査定する場合の査定基準

自動車販売ディーラーで査定する場合の査定基準

中古車を売却したい場合、利用できるのは基本的に「自動車販売ディーラー」か「車買取業者」かのどちらかです。

この2つには査定方法に違いがありそれぞれにメリット・デメリットがあります。

自動車販売ディーラーで査定する場合の査定基準

まずは自動車販売ディーラーで査定する場合の査定基準を見ていきましょう。

ディーラーの中古車査定方法は、基本的に「加減点法」です。車にはそれぞれ型式やグレードなどによって基本価格というものが決まっており、そこから外装・内装の状態やオプション装備などによって加点されたり減点されたりして最終的な査定価格が決定されるのです。

例えば、外装では車体の傷やライトなどの破損状態で減点されたり逆に人気色であれば加点されたりしますし、内装に関しても汚れやニオイがあれば減点、純正品のオプションが付いていれば加点となります。

エンジン回りも重要な要素で、エンジン音やオイル、プラグの状態、更にはパーツが改造されていないかなども全て検査・確認したうえで加点・減点されていきます。

加減点法でも重要な位置を占めているのが、走行距離で、「過走行車は査定額が低くなる」とされているのはそのためです。

走行距離が長いということはそれだけ車のあらゆる部品が消耗されているということであり、それ故に車の残りの寿命が短いと考えられるからです。

過走行車の定義

一般に普通自動車の年間走行距離は1万km、軽自動車で8000kmとされており、総走行距離から使用年数で割った年間走行距離がこの平均値を上回っていれば「過走行車」として減点されますし、平均値を下回っていれば加点の対象となります。

この走行距離と査定額の加減点は車のグレードによって目安となる基準があり、例えば軽自動車やコンパクトカーなら走行距離の加減額にあまり幅はありませんが、高級車になると1万km違うだけでも5~10万円以上もの加減額が発生してしまいます。

自分の売りたい車の走行距離が気になる人は、この車種とグレード別査定加減点額をネットなどで調べてみると良いでしょう。

とは言え走行距離が短ければ短いほど良い、というわけでもありません。

というのも車は筋肉と同じ、使わなければ衰えてしまうものだからです。

例えば10年も乗っているのに走行距離が2~3万kmでしかない車だと、殆ど動かしていない車ということになるため、ゴムの劣化やさびの発生など放置することによる車の劣化が考えられます。

従って、「1年1万km」を標準として適度に走行距離の短いものが加点評価されると考えておきましょう。

車を高く売ることも大事だが、継続収入を増やすことも大切

基本的な話ではあるのですが、車を高く売ることは大事ですが一度きりの話です。

収入を増やそうと思ったら継続的な収入を得る必要ができています。

副業をするとか、長期的な投資をするとかですね。

個人的にFXは、少額資金から始められるので初心者にもおすすめです。

もしFXをするならXMという海外FX業者が人気があります。

XMは評判も上々ですし、日本人の利用者も多いのでおすすめです。

車は持っているだけで維持費がかかることも忘れてはいけない

先ほどお伝えした通り、収入を増やそうと思ったら継続的な収入源が必要です。

車は持っているだけで固定費がどんどん出ていきますので、注意しましょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *