車の下取りで損をしない方法とは?加点と減点のポイントを知ろう

事故や災害によって車の骨格に損傷を受けた車は、廃車が妥当?

事故や災害によって車の骨格に損傷を受けた場合に、修理に多額の費用をかけるくらいならいっそのこと新しく車を購入した方が良いと判断することもあるでしょう。

そのような場合に手元に残った事故車を処分する方法は2つ、廃車か売却です。

勿論誰だって手元に一銭も残らないどころか逆に処分費用がかかってしまう廃車より、例えわずかでもお金を取り戻せる売却の方がずっと良いと思うもの。

しかし事故によって動かなくなってしまった車なんて売れるわけがない……と最初からあきらめて廃車手続きを取ろうとする人も少なくないようです。

実はどんなにボロボロでも車には価値がある

でもここで簡単にあきらめるのは時期早々。一見車としての価値を失ったように見える事故車でも、売却は十分に可能です。

故障している場合

まず、故障しているとは言えエンジンがかかる場合。

これは人間で言えば一番大切な脳あるいは心臓部分がまだ「生きている」わけですから、故障部分さえ修理すればまだまだ普通の「中古車」としての価値があるため十分再販が可能です。

勿論事故車ですし修理費もかかるためその分はマイナス査定になりますが、査定額がゼロということはないでしょう。

ある業者に「査定額ゼロ」と言われたとしても、他の業者でもう一度査定してもらえば査定額が付く可能性は十分にあります。

エンジンに問題がある場合

またエンジンがかからない車でも修理が可能であったりエンジン部分を取り換えれば動くのであれば、それらの費用を差し引いた分が査定額として提示される可能性があります。

つまり、修理によって動くようであれば買い取ってくれる業者は必ずある、というわけです。

事故車でも買取をしてもらえることも多い

しかし動くとは言え骨格に損傷を受けた経歴のある事故車は、やはり日本ではなかなか買い手が見つからないはず。

それを何故買い取ってくれるのかというと、その業者が海外に販売ルートを持っているためです。

日本車は世界的に高く評価される品質と耐久性を誇りますから、特に発展途上国のような比較的貧しい国では、日本車が手に届く値段で購入できるなら多少修復歴があっても全く構わない、という人が多いのです。

また例え修繕費が高すぎて割に合わないという場合でも、解体して各パーツを売ることも可能です。

無事に残っている部品を同車種のスペアパーツとして販売するわけです。

特にマイナーチェンジした車のパーツの中にはヘッドライトやバンパーなど特殊な形状のものがあり、そのようなパーツはスペアとして貴重であるため付加価値がついて思いのほか高額で売れることもあります。

このため、例え修復不可の事故車であっても買い取ってくれる業者があるのです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *